フィギュアの買取相場と状態の良し悪しの関係

中古市場ではコレクションアイテムとして急速に普及したフィギュアも安定した人気を持つ商品として高い需要があります。特に限定生産品や非売品は希少価値も相まって、高値で売買されることも少なくありません。しかし、希少品でも状態が良くないと価値が下がってしまいます。

フィギュアの中古市場での扱いを学び、価値を下げないための正しい扱いを心がけましょう。

中古市場で人気があるフィギュアの共通点

アニメやゲームのキャラクターを基にしたフィギュアはコレクションアイテムとして広く普及していることから、現在では中古市場でも定番の人気商品として扱われています。特に生産数が少ない限定品や特典アイテムなどの非売品は数が少ないことからプレミアが付き、物によっては査定結果が高額になることも珍しくありません。

一般的にアニメやゲームの認知度が高いフィギュアほど中古品としての商品価値が高くなりますが、古いフィギュアでも現存数が少ない物や非売品などの理由でプレミアがついている物は査定結果が高額になりやすいのが特徴です。

また、付属品が完備しているのも商品価値の向上に繋がっています。中古市場においてはどのジャンルの製品も需要が高い物ほど商品価値が高いと見做されます。フィギュアは暮らしを営む中では全くの不要品なので実用性は皆無ですが、その一方で嗜好品としての価値は非常に高いのが特徴です。

嗜好品は万人受けしにくい反面、対象のジャンルを好む人にとってはいくら出費が嵩んでも惜しくない貴重品になります。社会的な認知度が上がっているフィギュアも一般的な価値観と照らし合わせると、知る人ぞ知るジャンルなのが現状です。

その分、希少性が高い珍品は高額に設定しても即座に売約済みになることが多いことから、中古市場では利益率の高い商品として大切に扱われています。

フィギュアの状態が商品価値を大きく左右する理由

フィギュアは生産スタイルの性質上、初回生産限定になりやすく、中古市場で出回る数も決して多くはありません。作成の技術が向上しても狭いジャンルでの人気商品に留まっている現状なので販売数が少なく、いつまでも手元に置く人が多いことも中古品が出にくい理由に繋がっています。

また、フィギュアの多くが樹脂製ですが、経年劣化によって傷みが生じることがあるのも中古市場での流通数が少ない理由の一つです。フィギュアの中には作成時のコストを下げる目的で安価な材料を使っている物があります。

材料の質が悪いと紫外線や高温、湿気などの刺激によって簡単に品質が低下してしまうのが問題です。特に細かい部品を装着させるフィギュアは部品や連結部分が破損しやすく、状態が悪くなるリスクが高いのが問題です。現存数が少ないフィギュアでも欠損や色落ちなどの重大な不具合があると商品価値が大きく下落します。

フィギュアは飾って鑑賞する物なので、目立った傷みがある物は購入目的に沿いません。また、傷が生じた部分から素材の劣化が進み、修復不可能なまでの大きな損傷に至る可能性があります。状態が悪いフィギュアは中古業者も買い取りを拒否することが殆どなので、フィギュアを収集している人は売却時のことを考慮し、日頃から丁寧に扱うように心がけることが大切です。

手持ちのフィギュアを劣化させない工夫

プラスチック樹脂で作られていることが多いフィギュアは日光や照明の光に晒されることで紫外線の影響を受け、色落ちや弾力性の低下といった不具合に見舞われることも少なくなりません。光の刺激による劣化は気づかないうちに進んでしまい、いざ中古業者に売却をお願いした時には塗装面が殆ど色落ちしていたり、ひび割れがクモの巣のように広がっていることがあります。

希少価値が高いフィギュアでも状態が悪すぎると買い取ってもらえません。また、劣化は耐久性の低下を招き、お気に入りのフィギュアがある日突然、破損する可能性があります。大好きなキャラクターのフィギュアを劣化させないためには鑑賞時の扱いや保管の方法を見直すのが効果的な方法です。

一般住宅でフィギュアを飾る際は日光や照明の光を直接当てないのが最も効果的な対処法です。色落ちや表面のひび割れなどの劣化はその殆どが紫外線の影響によるものです。お気に入りのフィギュアを鑑賞する目的で陳列棚に置いておくと、日光や照明の光に含まれている紫外線に晒すことになってしまいます。

フィギュアを劣化させずに鑑賞を楽しむには遮光性があるケースで覆うのが最良の方法です。ケースに入れることで紫外線を遮断出来る他、空気中の埃や湿気でフィギュアが汚れるのを防ぐことが可能になります。また、ケースに入れておくことで他の物品が落下してもフィギュアが破損する心配がありません。

ケースの寸法を統一させることで陳列棚の整頓に繋がり、見栄えが非常に良くなる利点もあります。

不要になったフィギュアを売る際の注意点

大好きなキャラクターでもいずれは飽きてしまうことがあります。フィギュアも不要品になってしまいますが、自分は飽きても他の人がフィギュアを求めている可能性があるので、中古屋に売却するのが賢い処分方法です。しかし、フィギュアの買い取りについては業者の判断が査定金額を決める点を注意します。

また、あまり状態が良くないと商品価値が無いと見做されてしまい、買い取り拒否に終わることも珍しくありません。不要になったフィギュアの査定額を少しでも上げるためにはフィギュア本体の状態を良好に保つ他、付属品のすべてを揃えることが重要になります。

中古業者にとって必要な付属品の有無は商品としての価値を大きく左右する重要なポイントなので、一つの欠品も無い美品を求めるのは自然な流れです。要らないフィギュアを高く買ってもらうためには購入時の扱い方が大切です。

箱や説明書などの付属品は決して廃棄せず、丁寧に保管します。フィギュア本体についてもわずかな汚れや傷も付かないように取り扱いには細心の注意を払うと共に、素人作業での改造や修復は決して行わないのが商品価値を損なわないための心得です。

中古市場では過去の持ち主がどう扱ったかを連想させてしまう状態の物品は売り物になりません。万が一色落ちや破損が生じていたとしても決して修理は行わず、そのままの状態で査定をお願いするのが正確な価値を測るための方法です。

(ペプシマンのフィギュアを買取してもらえるお店はいくつかあります)

フィギュアを高く売るための業者選び

フィギュアは中古市場でも一定の人気がある一方でジャンルの幅広さから、同じフィギュアでも業者によって価値の算出結果に違いが出ることもよくあります。一口にフィギュアと言っても実在する車両や建物をはじめ、アニメやゲームのキャラクター、更には食品や日用品を模した珍品も多数販売されています。

そのため、フィギュアの状態を良好に保つだけではなく、手持ちのフィギュアのジャンルに詳しい業者を選ぶのが高く売るためのポイントです。

関連>買取フィギュア
Posted on